アダルトチルドレン(AC)とは?

アダルトチルドレン(AC)について

アダルトチルドレン(AC)とは、子供時代に機能不全家族のなかで育ち、大人になっても生きづらさを抱えている人たちのことです。

 

子供時代に家族が安心、安全な場所ではなかった場合、子供は「ありのままの自分」では生きられず、自分の身を守るために、そして家族を守るために懸命に頑張ります。

 

そのような子供は生き延びるために、自分主体ではなく、他人を主体として考えるパターンが身に着きます。そして、大人になって自分を守る必要がなくなっても、他人を主体とするパターンを無意識のうちに続けてしまい、さまざまな生きづらさを抱えてしまうのです。

 

なお、「アダルトチルドレン」は一つの概念であり、病名ではありません。

 

以下はACのチェックリストです。ご自分がどのくらい当てはまるかやってみましょう。

アダルト・チルドレンのチェックリスト

□ ものごとを最後までやり遂げることがむずかしい

 

□ 自分に自信がない。自分はダメだと思う

 

□ 自分に対して過酷な批判をする

 

□ 自分は生きている価値がないと思う

 

□ 人生を楽しむことが下手である

 

□ 他人と親密な人間関係を持てない

 

□ 白黒をはっきりさせすぎ、ほどほどにバランスをとることができない

 

□ 何かあると反射的に反応する、またはなんの反応もしない

 

□ 必要のないときにもつい嘘をついたり、ごまかしたりする

 

□ 必要以上に相手に忠実である

 

□ 何が正常で何が異常かわからない

 

□ 他人からのほめ言葉を受け入れにくい

 

□ 他人から助けを得るのが下手である

 

□ 自分は他人と違っていて居場所がなく、孤独に感じる

 

□ 自分でコントロールできない状態が起きるとパニックを起こす

 

□ 他人から認められたいという気持ちが強い

 

□ 理由もないのによく頭痛や腹痛などがあり、からだの調子が悪い

 

□ 摂食障害を起こしている(拒食症、過食症、過食嘔吐など)

 

□ アルコールや薬物(医師からの処方薬剤も含む)の依存症になっている

 

□ 非行に走ったり、自暴自棄になって暴れる

 

□ お茶目で他人の気をそらす

 

□ 目立たないようにスーッと消える

 

□ きまじめで他人のいうとおりにする

 

□ いつもせかせかと衝動的に行動する

 

□ 何か起こるのではないかと常に恐れる

 

□ 他人の目が気になる。被害妄想に陥りやすい

 

□ なにごとも完璧でないと気がすまない

 

□ 顔やからだに表情がない

 

□ 何かが変わることに対する恐れが大きい

 

□ 抑うつ状態に陥る

 

□ 離人感や解離で自分が自分でないような気がしたりする

 

□ 自分の感情が鈍麻していたり、からだから出るメッセージに気がつかない

 

□ 怒りが爆発したり、いつもイライラしている

 

□ 権威のある人の前に出ると過剰に萎縮する

 

□ 記憶力が鈍ったり、または反対にイヤな記憶に悩まされて胸がドキドキしたり悪夢を見たりする

 

□ コミュニケーションの技術に乏しい

 

□ 自分はいったい誰で、どんな人生の目的を持っているかなどわからず、自己が確立していない

 

□ 対人恐怖があったり、ひきこもりをしている

 

□ 共依存的な行動に出やすい(共依存のチェックリストを参照)

 


(西尾和美氏による「アダルト・チルドレンのチェックリスト」を引用。西尾和美『アダルト・チルドレン 癒しのワークブック』, 学陽書房, 1998, p.16-18. )

いかがでしたか?10個以上の項目がいつも自分に当てはまるなら、あなたはアダルトチャイルドである可能性が高いといえます。

共依存について

共依存とは、 自分主体ではなく他人や周囲を主体とすることで自分を守ろうとする生き方をいいます。共依存は通常、世代から世代へと引き継がれます。アダルトチルドレンに特徴的なものです。

 

以下のチェックリストで5つ以上の項目がいつも自分に当てはまるようなら、あなたは共依存かもしれません。

共依存のチェックリスト

□ 自らを犠牲にして相手を助けたり、世話をしたりする。

 

□ 相手の行動、感情、考え方、状態、結果を変えようとコントロールする

 

□ 問題や危機が起こっているような人間関係に巻き込まれていることが多い

 

□ 依存心が強く一人でやっていけるという自信がなく、見捨てられるかもしれないと不安にかられる

 

□ ある特定の相手のことで頭がいっぱいで視野がせまい

 

□ 自分の問題はたいしたことはないと思ったり、いやなことは見て見ぬふりをしたり、表面はなんでもないようにふるまう

 

□ 相手とのバウンダリー(境界線)がはっきりせず、相手が落ち込んでいると、自分も気分が落ち込んでしまったりする。また、他人の問題にのめりこんだり、相手からの精神的、性的、身体的侵入を許してしまったりする

 

□ 罪の意識におそわれやすく、相手の問題は自分のせいだと思いこんでしまいやすい

 

□ 過去の人間関係の間違いから学ぶことができず、同じ間違いを繰り返す傾向がある

 

□ 被害者意識にとらわれ、自分は犠牲者だと思いこみ、弱々しくなる

 

□ 自分のまわりに害があるのに、波風を立てぬよう、問題を明らかにしない

 

□ 相手から離れられないでしがみついていることを愛情と取り違えている

 

□ 「こうあるべきだ」という社会の通念、または「こうなるはずだ」というファンタジーにとらわれやすい

 

□ 相手の気分を敏感に察して、先へ先へと頭を働かせたり、心配したりする

 

□ 「ノー」が言えず、なんでもかんでも引き受けて疲れてしまったり、恨みがつもったりする

 

□ 責任感が強すぎて、なんでもがむしゃらにやりこなす

(西尾和美氏による「共依存のチェックリスト」を引用。西尾和美『アダルト・チルドレン 癒しのワークブック』, 学陽書房, 1998, p.18-19. )

機能不全家族とは?

機能不全家族とは、子供が子供でいることを許されず、親が親の役割を果たしていない家族です。家族には秘密があり、家族間にあるべき境界線が非常にあいまいで、子供は家族を安全な場所であると感じることができません。

機能不全家族のチェックリスト

□ 身体的なアビューズ(虐待)があった

 

□ 性的アビューズがあった

 

□ 精神的、感情的、言語的なアビューズがあった

 

□ 家庭の不和があった

 

□ 怒りの爆発がよく起こっていた。いつ怒りが爆発するかと恐れていた

 

□ 愛のない冷たい家族だった

 

□ 人格を否定するような雑言や怒鳴り声が飛びかっていた

 

□ 威(おど)しがあった

 

□ 他人や兄弟姉妹といつも比べられた

 

□ 親の思いどおりになるようコントロールされた

 

□ 親の期待が大きすぎる家族

 

□ 他人の目を気にする、表面だけ良くふるまう家族

 

□ あまりにも多くの秘密があったり、外に出してはいけない大きな隠しごとがあった

 

□ 顔や姿かたちについてからかわれたり、ばかにされたりした

 

□ 親と子どもの関係が逆転していた

 

□ 子どもを過度に甘やかした

 

□ 自分の存在を否定された

 

□ 依存症や共依存症の親がいた

 

□ 家のなかのルールに一貫性がなかった


(西尾和美氏による「機能不全家族のチェックリスト」を引用。西尾和美『アダルト・チルドレン 癒しのワークブック』, 学陽書房, 1998, p.21-24. )

このチェックリストにあるような状態が頻繁に起こっていたとしたら、あなたの家族は機能不全な家族といえます。

 

機能不全家族のなかで育ったからといって、全員がアダルトチルドレン特有の生きづらさに苦しむわけではありません。同じ親に育てられたきょうだいでも、個人によって影響の受け方は異なります。ACの生きづらさは、成育環境に加えて生まれ持った性質や感受性の強さなども関係しているからです。

 

ただ、一見問題を抱えているように見えない人でも、見えない心の傷や問題を抱えているケースは多くあります。そして、ある時、ある場面になって突然問題が噴出することもあります。

家族のなかで子どもが演じてきた役割

アダルトチルドレンは子供時代に子供らしくふるまうことを許されず、機能不全家族のなかで次のような役割を果たしてきたと言われています。あなたに当てはまるものはありますか?ひとりで複数の役割を果たしている場合もあります。

 

1.  ヒーロー(優等生)

いい子、しっかりした子でいることで評価を得ようと、一生懸命努力し頑張るタイプ。

 

2. スケープゴート(問題児、いけにえ)

病気やケガをしたり、非行に走ったり、問題を起こすことで家族の代わりに声を上げる役割を果たす 。

 

3. ロスト・ワン(いない子)

家族のなかで目立たず、存在を忘れられがちな子。家族内の人間関係から離れることで自分の身を守ろうとする。

 

4. クラウン(道化師)

家族内の争いや緊張を回避するため、おどけたりして場をなごませる子。

 

5. ケアテイカー / プラケーター(世話焼き、なだめ役)

小さい時から親やきょうだいの面倒を見たり、愚痴を聴いたりする。自分のことは後回しで周囲の役に立とうとする。

 

<引用・参考文献>

・西尾和美『アダルト・チルドレン 癒しのワークブック』, 学陽書房, 1998.

・アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター『アダルト・チャイルドが自分と向き合う本』, アスク・ヒューマン・ケア, 1997.

・斎藤学『アダルト・チルドレンと家族 心のなかの子どもを癒す』, 学陽書房, 1996.

・クラウディア・ブラック著 / 水澤都加佐・訳『子どもを生きればおとなになれる 「インナーアダルト」の育て方』,

 アスク・ヒューマン・ケア, 2003. 

アダルトチルドレンの回復方法についてはこちらをご覧ください。

 


お申し込み、お問い合わせはこちら

初回セッション(90分)のお申し込みはこちら


アダルトチルドレンの回復方法

アダルトチルドレンが回復し、自分自身を取り戻すためにはどうすればよいのでしょうか。

AC回復カウンセリング

アダルトチルドレン(AC)の方に特化したカウンセリングを提供しています。あなたを全力でサポートします。

料金・システム

カウンセリングの料金やメニューなどについてご案内しています。

 



よくあるご質問

お客様の声

カウンセラー紹介